0538-86-3486
営業時間 9:30〜17:00(平日)
文字サイズ
Portfolio
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

磐田市教育支援センターあすなろ委託事業「英語であそぼう3」

【磐田市教育支援センターあすなろ委託事業】
 「英語であそぼう3」

講師:神谷雅恵先生
サポート:松井智香

10月18日(火) 13時〜14時10分
磐田市教育支援センター あすなろ2F
6名参加(中学生)

「How are you?」
あれ?反応が??
一番前のお子さん、花粉症かな?鼻が辛そう、目も涙目っぽい…。

とっても元気は、「I’m fine.」
だけど…今の状態は、「I`m OK.」

その他にも、「I`m good.」などなど。
いろんな答え方学びました。

3回目の英語授業。

以下会話文は英語で行われましたが(日本語注釈付きで)ここでは日本語で記述します。

月と曜日の英語を復習。「今日は何月何日?」

本日のテーマは、「ハロウィン」

「ハロウィン」って何?
 知っているようで知らない「ハロウィン」説明を絵本なども活用して、わかりやすくしていただきました。

「ハロウィン」キャラクターの紹介
 ドラキュラ、ジャック・オー・ランタン、魔女などなど
「忍者」も仲間にはいっていたのが驚きでした!

英語で呼び方を練習した後、

ゲームその1:「キャラクターパズル」

 カードを1枚づつ右回りに友達に渡します。
 3分割されたキャラクターを2体分そろった時点で、前に置いてあるコインを1つとる!
 誰かがコインをとった時点で、自分もそろってなくてもとる。
 6人に対してコインは3つ。
 早い者勝ちのゲームです。

いろいろな「気持ち」を英語で練習。
 幸せ、悲しい、疲れた、眠い、怒っているなどなど。

「キャラクター」と「気持ち」を結び付けて覚える。

例:怒っている魔女
 9つの「キャラクター」と「気持ち」をみんなで意見を出し合って決めた結びつきを記憶します。

ゲームその2:「自分の手持ちカードをあてる!」

あらかじめ記憶した、9つの「キャラクター」と「気持ち」。
1人1枚カードを自分の頭上にあげます。(自身は見てはいけません)
他の人を見て、自分の手持ちカードを早く当てた人が勝ちのゲームです。

これがなかなか皆さん苦労していました。
まず、9つの組み合わせを記憶していないと自身のカードが推測できないからです。

be動詞を加えた表現と主語を私に変えた表現を練習もしました。

ゲームその3:「キャラクタービンゴ」9枚

「ハロウィン」にちなんで、「H」と「L」がそろうとあがり!
1列、3枚を隣の人にまわし交換してスタートです!

今回も工夫をこらしたビンゴ!
カードが3枚かわってしまうので、同じカードが何枚かかぶったり、ないカードがある状態に!

最後に、なりたいキャラクターを一人ずつ英語で発表。

やはり、ゲームでは勝ちたいもの!
子ども達、かなり真剣に、集中して取り組む姿がみられました。
ゲームで楽しみながら、英語を楽しく、興味深く学んでいけた授業でした!
英語っていいなっ!(私自身、またふと触れたくなりました。)

レポート:松井智香

14925630_1169924706425631_984087656432621472_n

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:室内
投稿日:

資料請求も承っております。お気軽にお問い合わせください。
ページの先頭へ