0538-86-3486
営業時間 9:30〜17:00(平日)
文字サイズ
voice

希望を形にする設計と素材選び

実績
住宅設計に色彩心理診断「カラーさぷり」を取り入れたS様よりお言葉をいただきました。ご本人の了承を得ましたので、ご紹介させていただきます。

念願のマイホーム

私たちはマイホームを建てるまでに4年ほどかかりました。土地から探さなくてはならなかったので、まずは自分たちの気に入った場所を購入するのに3年ほどかかりました。

夢を形にする・・・・協働作業

その間、イメージをいろいろと膨らめて、こんな家がいいな~とか、あんな家だったらな~とかいろいろな建物を見たりしながら検討する時間がもてました。自分の住まいは絶対に木をたくさん使ったナチュラルな感じにしたいというのが希望でした。どうしてもものが増えてしまって、洋服などもたくさんあるので、収納をたくさんとりたいという希望を持っていましたが、新居に持っていくものを上げて寸法を測るようにアドバイスをもらいました。結果、そんなにいらないってことがわかりました。

土地がやっと決まった時、残念ながらイメージしていた総2階のプランがうまく収まりませんでした。一階のボリュームがありすぎたのです。ほとんど自分たちがやりたいことや、ほしいものはすべて栗山さんに伝えてあったので、あとは栗山さんにプランを託すしかありませんでした。

そして、出てきたプランは浴室を2階にもってくるプランでした。浴室を2階に持ってくるという考え方はありませんでしたが、よくよく考えると、冷え性の私はお風呂に入ったらすぐに就寝したいので、とても効率的のように思えました。

100%満足できる住まい

出来上がった家は100%満足しています。木をふんだんに使って設計してくれてあるので、私が求めていたナチュラル感満載の家です。しかも、浴室を2階にしたことで、お洗濯がすごく楽になりました。お風呂の残り湯をそのまま使えて、2階のベランダに直行できるし、仕事に出ていて急な雨でも、よほどのドシャ降りでない限り、安心して干しておけます。夏は涼しく、冬は暖かい・・・・本当にうれしいです。自分の家っていいですね。

「カラーさぷり」と自然素材~愛情のこもった住まい

木をふんだんに使ったこの住宅は、色彩心理診断「カラーさぷり」を取り入れ始めたころ完成しました。建てる前に「カラーさぷり」は行いませんでしたが、建て終わった時に「カラーさぷり」で診断をさせていただきました。
結果は、とてもバランスの良い家族関係が表現されてきました。自然素材である木材はコンクリートや新建材に比べると人の心を穏やかにさせる働きがあります。
床はカナダのメープル、柱と梁、天井はカナダ産のレッドシーダーを使っています。壁は沖縄の月桃紙を使っています。木材は輸入していますが、等級の低いものを使ってコストを落としています。柱、梁、天井、床ともにお施主様と一緒に手で磨き、浸透性のワックスを使用してみんなで塗りました。ご主人が一番一所懸命に取り組んでくださり、その分愛情のこもった住まいとなりました。

心を一つに作り上げるって気持ちいいですね。(栗山 恵)

⇒ 色彩心理診断「カラーさぷり」について詳しくはこちらをご覧ください。

投稿日:

資料請求も承っております。お気軽にお問い合わせください。
ページの先頭へ